chapter-04

創刊記念企画
臨床獣医師としての未来を明るくする方法

北里大学獣医学部教授 宝達勉×承継開業コンサルタント 西川芳彦

chapter-03

入学時は小動物臨床志望が大多数なのに、卒業時は半分くらいまでに減ってしまうのが、今の獣医学部の実体である。
ここで、どうすれば臨床医になる希望がかなえられるのか、北里大学としてはどんな取り組みをしているのかについて、獣医学部・宝達勉教授に伺いました。

院長はなぜ勤務医に承継しないのか?

西川 この雑誌『Succession』を創刊しようと思ったのは、今の学生さんに小動物臨床のこれからの可能性を伝えたいからです。
小動物のお医者さんになりたいと思って獣医学部に入られているのに、大学に入ると様々な情報が入ってきて、自分の進路を変えざるを得なくなっている学生さんが増えていると聞きまして、臨床医は厳しいけれども、明るい未来を作る方法があることを知ってほしいと思いました。その1つが、「承継開業」という方法であり、もう1つは、「地方にこそチャンスがある」という点です。
本日はよろしくお願いします。

宝達教授(以下宝達) この雑誌の表紙に、この承継開業とは「繁盛動物病院を引き継いで開業する」とありますが、学生さんからよく質問されるのは、「勤務医がいる病院もあるのに、なぜ勤務医はその病院を継がないのか」という質問です。「院長は自分が育てた勤務医に継いでもらいたいと考えるのが普通だろう」と言うのです。この点について、西川さんはどう考えておられますか。

西川 これは、この承継開業を理解する上で非常に重要なポイントです。院長は当然「経営」が分かる人なので、繁盛している病院ほど、タダで譲るのではなく、ある程度リーズナブルな値段で買い取ってもらいたいと考えています。
院長から提示される金額は、勤務医がその金額を支払っても病院経営が十分にやっていけれる額です。
ところが、勤務医はこの「経営=数字の勉強」をしてきていないので、院長が提示している金額が意味していることがわからない。
例えば、「売り上げ1億円の病院を7000万〜8000万円で買ってくれ」と言われたら、勤務医はどうするのかと言いますと、その金額にビックリして、断って、辞めてしまうのです。
これでは、院長にとっても、勤務医にとっても悲劇になってしまいます。
こうした悲劇がなぜ起きるのかですが、、勤務医時代にはスキル面は磨くけれども、経営については学ぶ機会がないので、「この病院は1年で1億円の【売り上げ】があるから7000万〜8000万円で買い取ってくれ」という院長の思いが伝わらないのです。
また、こんな事例もあります。
その病院は地方の超繁盛病院で勤務医が3人いました。院長が承継を呼びかけたところ、3人ともに断ってしまったというのです。院長は勤務医への承継を期待していたのですが、断念して、私に相談があり、第三者が承継開業することになりました。勤務医としては、自分の師匠の病院ですから引き継ぎにくい面もあるのだと考えられます。

今後、「承継開業」を知る学生が増えればどうなるのか?

宝達 院長から勤務医への承継となると、当人同士でやることが多いでしょうから、なかなか本音で話し合いができない点もあるのでしょう。西川さんは承継開業コンサルタントをされているので、院長と勤務医との間にコンサルタントが入って交渉することは意味があるように思われますが、この点はどうなのでしょうか。

西川 こうした経営の数字の読み方は私がきちんと説明しますし、互いに言いづらい点も私が両者の間に入っているので、本音を言いやすい点もあると思います。
しかしこれまでの事例を振り返ってみますと、勤務医で5000万円以上の金額を提示されると、その額にビックリしてしまって、承継には至らない結果になっています。

宝達 確かに5000万円という額を聞くと、その資金をどう調達すればいいのかと悩んでしまうのが普通でしょう。

西川 この点が、その勤務医が「経営」を分かっているか、分かっていないかの違いです。
経営を分かっている人なら、「稼ぎが1億円ある病院がこの金額で買えるのならラッキー」と理解します。毎年1億円稼ぎ出すし、自分の努力次第でその数字は伸ばせますから。
そしてその資金調達について言えば、どんな方法があるのかまで考えて提案するのが、私の役目です。
これまで預貯金がなくて新規での開業をあきらめていた先生が、この「承継開業」で院長になられた先生は何人もおられます。

宝達 新規開業は、資金調達からすべてを自分でやらなければならず、開業できたとしても、患者数、売り上げがゼロからのスタートになります。すでに売り上げがある病院を引き継ぐ承継開業では、西川さんのコンサルも付いてくるので、新規とはスタート時点でまるで違ってきますね。
そこで伺いたいのは、これからこの承継開業を知る学生さんが増えていくとどうなるのかか、です。これは、早い者勝ちというか、競争になっていくのではないでしょうか。


西川 はい、この点についてはアメリカが先行していますので、アメリカの事情をお話します。アメリカでは、実力がある人ほど、この承継開業を選択します。この承継開業ができない人が新規開業するというスタイルです。

宝達 そうなると、これからは院長が後継者を選ぶ時代に入っていくのでしょうか。

西川 アメリカではそうなっています。実力がある人は自己資金がなくても、いい病院を引き継ぐことで開業できます。
つまりは、この日本でも実力主義の時代に入って行くようになると思います。

女子学生にとってこの承継開業は有益な情報になる

宝達 この北里大学でも、学生さんの男女比が1対1になってきています。そしてこれからはますます女子学生が増えて行く傾向になると思われますが、この承継開業で女性が承継されたケースは何件くらいありますか。

西川 これまでの承継事例は130件ありまして、そのうち、女性の承継は3件です。

宝達 女性は本当は開業したいけれども、いろいろな理由で進路を変更しなければならない人が多いように思います。

西川 女性の開業の成功事例となりますと、どうしても大先輩の先生の方が多くなっています。それは、男性以上に頑張る人が多かったからでしょうが、今はそうではなくなってきています。

宝達 私の女性の同窓生の多くは開業しています。当時は女性が少なくて、全体の1割程度でした。今では女性の方が多いのに、開業者はほとんどいません。

西川 この女性の開業が難しくなっていることについては、根本的な理由があります。それは多くの院長が仰っていることですが、「昔の女性獣医師は親がお金持ちである人は少なかった」とのことです。しかし最近では、親が裕福な家庭の子供が獣医学部に入っています。

宝達 そうですね。教育と親の年収が正比例する時代になってきていますから。

西川 全国の院長とお会いしまして、承継リタイアを希望する繁盛動物病院の院長が異口同音に仰るのは、「若い頃にはお金がなくて困った」というのです。苦労してハングリー精神を持ち続けて来たから、今日につながっている。
 私がこれまでに経験したことから気付いた「この業界の法則」と言えるのかもしれませんが、「親がお金持ちであることは、開業においてはマイナスになる」のです。

宝達 今年も私の研究室から何人かは小動物臨床に行きます。「何年かすると開業するの?」と聞きますと、「そこまでは考えていません」とか、「とにかく勤務医を続けられればいい」という答えです。しかし、本心では開業したいのではないかと感じることがあります。
そこでこの承継開業について知ることは、女子学生にとっては有益な情報になるのではないかと思います。


西川 はい、これもこの雑誌を創刊する理由の1つです。ただ女性獣医師が長く勤められないのは、結婚、出産、子育てがあるためですが、そこには院長の考えが深く関係しています。今はペットが家族という意識ですから、「臨床医になったからにはきちんと責任を持て」と言う院長もいます。
子育てがあれば、5時に帰るとか、夜勤や急患はできないとか、事情を考慮しなければならないことがありますが、これを認めない。

宝達 長時間労働が問題視されてきていますが、まだまだこの領域では、生き物を扱う仕事だから長時間勤務が当たり前という考え方があります。

西川 この長時間勤務については、業界全体が変わらないといけない時期にきているのではないでしょうか。将来開業したい人なら、「厳しさ」は必要ですが、一方で子育てや自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるような環境づくりをしていくことも大事になっていくと考えられます。全員がハードな勤務環境の中で働くというのは、もう時代の流れに合わなくなってきているように感じています。企業なら「ブラック」は敬遠されていますから。

宝達 この労働環境については開業医の先生方も考えていかなければならない時期が来ているのだと思います。

「承継開業」のチャンスは、都市部よりも地方にあり

西川 学生さんにこの雑誌でもう1つ、伝えたいことがあります。それは、「地方にこそチャンスがある」ことです。

宝達 動物病院の数ですが、「人口1万人に対して1軒くらいがちょうどいい」と言われるのですが、この点についてはどうでしょうか。

西川 日本の総人口が1億2700万人に対して、動物病院は1万1000軒くらいですから、その通りです。

宝達 そうなりますと、もう東京では病院の数は飽和状態であるのに対して、この十和田では人口比でみれば、まだまだ足りないことになります。

西川 それでも開業したい人や勤務したい人が、都市部、特に首都圏に集中していることが問題であると私は捉えています。  人間の人口は都市部と地方とではこれから二極化が進んでいきますが、犬の頭数は全国的に減って来ていますから、病院の数がこれから増え続けて行くことの方がこの業界で一番の逆風になっていくと私は捉えています。

宝達 私もそう思います。そのためにもこの承継開業で今ある病院を継いで残して行く方法はこの業界にとってもいいことだと思います。

西川 この業界はこれから厳しくなっていくのがトレンドなので、今までのように、獣医師の資格を取れば誰でも開業できた時代ではなくなっていきます。一方で、実力がある人にはチャンスが巡ってくるようになります。

宝達 大学や勤務先病院でしっかり学んでスキルを身に付けた人にチャンスが巡ってきて、この承継開業で院長になれるということですね。

西川 はい、そうです。都市部では承継したい病院が出て来ても早い者勝ちのような状況ですが、地方では、1億円の売り上げがある繁盛病院が後継者を探しています。まさに「地方にチャンスあり」なのです。

臨床を目指す学生への北里大学の取り組みは

西川 今、北里大学では小動物臨床を目指す学生さんにどのような支援をされているのでしょうか。

宝達 1つは、「学外実習」という、単位認定の科目があります。
公務員でも、動物園でも、動物病院でも、1週間行って、その後にレポートを提出すれば単位がもらえるという科目です。この「学外実習」でいい病院をみつけて、そのまま就職してしまう学生さんもいます。
そしてもう1つは、「病院経営学」という科目です。4年生の前期、全15回のカリキュラムですが、その一部を開業医の先生にも講義をお願いしています。これは選択科目ですが、学生課に問い合わせたところ、4年生の半分くらい、60人くらいが受講しているようです。


西川 本日は長時間にわたり、貴重なお話が伺えました。有難うございます。