chapter-03

女性獣医師として 現役であり続けるために、私自身はこうしてきた

小暮 忍先生(小暮動物病院、埼玉県春日部市)

獣医科大学での学生の男女比は、近年、女性の方が多くなる傾向が強まっているのにも関わらず、臨床勤務医、院長となると、その比率は極端に下がってしまいます。
その理由は、男性に比べて、女性には結婚、妊娠、出産、そして育児という特 有の事情があるためです。
女性勤務医先生の中には、まさにこの問題に直面されている先生もおられるでしょう。
そこで、出産、子育てをしながら現役を続けられている大先輩はどのようにしてこの問題を乗り越えられてきたのかについて伺いました。

夫婦共に獣医師の病院で開業準備をしたから、 女性が続けられる環境が自然と出来て行った

小暮先生

これは一昔前のことですが、今でも役立つ点もあ りますので、子育てしながら現役で働いている先生 や働きたいと思っている先生になんらかの参考にな ればと思います。
私は親がサラリーマンなので動物病院のことがわ からなかったこと、当時の大学での授業は馬中心で、小動物の授業がなかったこともあり、大学卒業後は 大学病院の薬理学教室に入りました。

その1年後に結婚して夫ともに開業準備に入った ことが臨床獣医師になるきっかけとなりました。
当時は、「動物病院を開業して生計が立てられるの だろうか」と思っていたくらいで、まだまだペット 市場は小さく、周りの病院をみても、今のように綺 麗で立派な病院はそう多くはありませんでした。

夫の勤めていた病院で開業準備を始めましたが、その病院は院長先生と奥様のご夫婦でやっている動 物病院でしたので、「動物病院とは夫婦でやるものだ」 というイメージが自然と作られていったのだと思います。
私たち夫婦も、子育てしながら、臨床獣医師を続 けてきましたし、この小暮動物病院に勤務して独立・ 開業された先生方も、私たち夫婦を見習ったかもし れませんが、ご夫婦で臨床を続けながら子育てをさ れてきました。

学校を卒業して社会人になってから最初に入った 所の環境で、その人の人生観や働き方に対する意識 が決まると言わるように、特に女性は最初に勤務す る病院選びでは、妊娠の時から子育て期間までの働 き方、支援などについて院長先生にしっかりと確認 をとっておくことが大事だと思います。
また、私たちのように、夫婦でやっている病院を 探すのも一案でしょう。

働きながらの子育てはどのようにしたのか?

子育てで大変な時期は、小学校に入るまででした。
そこでその期間をどうしたのかですが、3人子供がいますので、まずはゼロ歳児から保育園に預けるようにしました。
保育園では当時は17時まではみてくれます。しかし、病院の診療時間は19時なので、その間の2時間をどうするのかが問題でした。
そのため、背中におんぶして診療したこともあり ますし、手術の時には、「私が子供たちをみています から、先生方は手術に専念してください」と仰ってくださる飼い主さんもいました。ただこれは、今ではあり得ないことでしょう。

その後、少し大きくなってからは、テレビやビデオをみせて、その間に診療や手術をしたこともありました。v この子育て期間で助かったのは、やはり、親に来てもらったことと、家政婦さんを頼んだことです。
休日に親に来てもらって、子供を預けて、手術をまとめてやったこともありました。
また、親に頼めない時は、家政婦紹介所に頼 んで家政婦さんに来てもらっていました。

獣医師でも、スタッフでも、女性の場合、妊娠、出産するとどうしても仕事よりも家庭中心に なってしまって、病院をやめてしまうケースが 多いと思いますが、私が出産、子育てと仕事を 両立させてきたのは、開業の時の借金があるのでやめられないというのが1つの理由です。また、患者様と毎日接していると、「この子は私が しっかり治してあげたい」と責任感が出てくるのでやめられなくなったというのがもう1つの理由です。

子供を家政婦さんに預けることに抵抗感がある人もいると思いますが、私は結果からみれば、 家政婦さんを依頼して非常に良かったと思っています。
その理由は、いつも同じ家政婦さんに来てもらったことで、子供達がいつしか馴染んで、信頼関係もできて、一緒に公園に遊びに連れて行ってもらうことまで、お願いできました。
そのためでしょうか、子供達も、今は自分が 親になって子育ての真っ最中ですが、家政婦さんを頼んで大いに助かっているようです。
また、家政婦さんにお願いしたことで、子供 達に親が働く姿をみせることができたことも良かった点です。
この経験から、若い女性獣医師先生にも、仕 事と育児を両立させるためには、この「家政婦 紹介所」、今では「家事代行サービス」と言われ ていますが、家政婦さんを頼んでみるのもいい 方法だと思います。

※「離婚率が高い獣医師同士の結婚で、うまくいくための方法」他、続きは、『別冊 Succession』に掲載 しています。

この冊子に載りきらないインタビューをまとめた
2018年7月発刊「別冊Succession」
アンケートにお答え頂いた方に無料送付いたします。

アンケートはこちら→

別冊サクセッション